2017年03月28日

猫の視力は人間と同じぐらい?!

スポンサードリンク



猫の視力を人間と比べると・・?


猫の魅力的な部分のひとつである目(瞳)。

本来、狩をするハンターである猫の視力は人間よりいいのでは?と

思う人も多いと思いますが、以外や以外、猫の視力は人間より弱く

およそ0.2ぐらいの視力といわれています。人間だったら眼鏡や

コンタクトレンズを使用しないと日常生活が不便な視力です。

私(ブログ主)の視力も0.2ぐらいなので、眼鏡なしでは過ごせません。


スポンサードリンク



しかし、光を感じる能力は優れている!


猫の視力自体は0.2ぐらいですが、実はその目が光を感じる能力は

とても優れていて、人間のおよそ6倍あるといわれています。

これを言い換えると、人間が見ることのできる6分の1の光があれば

見ることができるということになります。たとえば、

明かりを消した真っ暗な部屋の中では、飼い主には飼い猫の姿が

見えませんが、猫ちゃんからはあなたの姿が丸見えなのです。

なので・・・暗がりから猫ちゃんに狙われているかもしれません。

猫の瞳孔に秘密が!


猫が人間の6倍も光を感じることができる秘密は「瞳孔」にあります。

猫の瞳孔が光を効果的に取り込んで、網膜の後ろにある「タペータム」

という反射膜で、なんと取り入れた光を50%も増やすことができるのです。

ですから猫は、人間の目では暗くてよくわからない(見えない)場所でも

獲物の動きを察知して狩りをすることができるというわけです。

ただし、光が全くない状態ではさすがの猫でも見えないようです。

cat-778315_640.jpg

猫に見える色の世界


少し前まで猫は色を識別することができないといわれていました。

元来、猫は夜行性の動物なので、主に昼間(明るい時間)に活動する

人間のように色を識別する能力が必要なかったのかもしれません。

しかし、全く色を識別できないわけではなく「緑色」と「青色」は

識別しているようです。ただ人間には目立つ「赤色」は見えにくいと

いわれていて「赤色」は「緑色(もしくは青色)」に見えているよう

です。ですから飼い主がよかれと思い「かわいい」と赤色のねずみの

おもちゃを飼い猫に与えて(見せて)も、猫にとっては青や緑に見え、

「地味だニャ」と映っているかもしれませんね。



スポンサードリンク





posted by hitotoneko3 at 12:37 | Comment(0) | 猫雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ