2017年07月06日

猫の血液型、心拍数は人間と同じなの?

スポンサードリンク



猫にも血液型があるの?人間と同じなの?


人間の血液型(ABO型)とは異なるようですが、猫にも血液型があります。

猫の性格をよくある人間の「血液型診断」に当てはめて考えてみると、

マイペースで気まぐれな猫はB型か、AB型という気がしますが・・・。


スポンサードリンク



猫の血液型で一番多いのは「A型」


猫の血液型は、いわゆる人間の「ABO式」とは異なり、

「A型」「B型」「AB型」の3通りだそうです。

人間にはある「O型」はありません。

そして、人間の血液型診断に当てはめると「B型」が多いのでは?

というイメージですが、猫の血液型で多いのは「A型」だそうです。

「A型」がおよそ80%を占めていて、次に多いのが「AB型」の15%、

人間に当てはめると最もふさわしいと思われる「B型」は5%だけです。

なお、猫種によりB型の割合が多い種類もあるようで、たとえば、

ペルシャやアビシニアン、ブリティッシュショートヘアなどはB型の

割合が多いようです。

飼い主から見れば、マイペースで気まぐれに見える猫達も、実は

几帳面で真面目?な性格なのかもしれませんね。

猫の心拍数は人間と同じなの?


動物の場合、一般的に体が大きくなるほど脈が遅くなり、体が

小さいほど脈が速くなります。たとえば象の心拍数は1分間に

およそ20回で、体の小さいハツカネズミの心拍数は1分間に

およそ600〜700回だそうです。

さて、本題の猫の心拍数は、1分間に120〜140回だそうです。

そして、人間の心拍数は1分間に60〜70回なので、猫の心臓は

人間のおよそ倍の速さで拍動(動いて)いることになります。

参考までに、猫にしても、象にしても、ハツカネズミにしても

それぞれの寿命からすると、一生のうちに打つ心拍数は、

ほぼ同じになるそうです。

cat-2452341_640.jpg

猫の呼吸数で具合が悪いかわかる!?


猫の血液型、心拍数ついでといってはなんですが、みなさんは

猫の呼吸数をご存知ですか?正常な猫の呼吸数は1分間におよそ

20〜30回で、規則的にゆっくりと体が上下している様に見えます。

これより呼吸数が多い場合は、重大な病気の可能性があります。

猫は具合が悪くてもじっとうずくまって動かないことが多く、

飼い主が猫の体調の異常の発見が遅れることがあります。

飼い猫の呼吸の回数が普段より多いと感じたら、早めに

動物病院で獣医師に診てもらうようにしましょう。



スポンサードリンク





posted by hitotoneko3 at 09:00 | Comment(0) | 猫雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ