2016年09月02日

留守中の愛猫の見守りにウェブカメラ利用してみる

スポンサードリンク



愛猫の見守りに、ウェブカメラを利用する飼い主さんが増加中


近年、留守中の愛猫の見守りに、ウェブカメラを利用する飼い主さんが

増えているようです。

ウェブカメラ(ネットワークカメラ)とは、インターネットで、

映像や音声をスマホなどで確認できるカメラ。

ペットはもちろん、子どもの見守りなどに利用されています。


スポンサードリンク



仕事の合間や外出先からスマホで簡単操作するだけでOK


ウェブカメラを利用すると、外出先からスマホの操作だけで、

カメラの方向も変えられるので、猫が何をしているのか、

また、どの場所を気に入って寝ているのかなどを、仕事の合間

などに簡単に確認できて便利だという声が多いようです。


参考までに、NTTドコモには、月額100円(消費税別)で

ペットの見守りなどをする「おるすばんカメラ」という

サービスがあります。同社が販売するウェブカメラを使うと、

ペットが活発に動いている時や一定期間動きがない時に通知が

メールでスマホに送られ、動画が確認できるようになっています。

「覗き趣味?!」の飼い主さんにも好評


自分の愛猫の見守り&自宅のセキュリティーにはもちろんですが、

自分が部屋にいないときに、「あの子は何をしているのかな?」

なんて気になる飼い主さんも多いらしく、ウェブカメラで愛猫の

様子を観察するのが楽しみという飼い主さんも実は多いとか?!

愛猫をあまりに観察しすぎて「盗撮ニャ!」と怒られないように

注意したほうがいいかもしれませんね!

black-white-976979_640 - コピー.jpg

『にゃにか 視線を感じるのニャ・・・』

ただし、第三者による「盗み見」に注意!!


外出先から、簡単なスマホ操作だけで、留守番中の愛猫の様子が

観察できるウェブカメラですが、セキュリティー対策を怠ると

第三者に盗み見られてしまうという危険性があります。

また、第三者にカメラを勝手に操作されてしまう恐れも!!


ウェブカメラは、ネットのケーブルをつなげばそのまま使える

ものが多く、簡単でとても便利なのですが、その反面

セキュリティーはおろそかになりがちです。


多くのウェブカメラには、パスワードによる認証がないと

アクセスできない仕組みがあるので、利用前にこの設定を

きちんとした上で、パスワードを出荷時の設定から変えること

(新たなパスワード設定)が盗み見を防ぐ対策として有効です。


日中、お仕事や外出の機会が多いという飼い主さん、

留守中の愛猫の見守りにウェブカメラ利用してみては?!



スポンサードリンク





posted by hitotoneko3 at 23:00 | Comment(0) | マン・アパで猫と暮らしはじめる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ