2016年02月13日

猫に外を覚えさせないようにする

スポンサードリンク



飼いはじめから猫に外を覚えさせない


猫を(完全)室内飼いにするためには、

猫に外の世界を覚えさせないということが大切になります。

一度でも部屋の外の世界を覚えてしまうと、

猫は繰り返し外に出たがるようになります。

飼い猫を(完全)室内飼いにするのであれば、

子猫(飼いはじめ)の頃から外に出さないようにしてください。


スポンサードリンク




変化と刺激に溢れた外の世界は猫にとって魅力的


マンション・アパートの室内と比較すれば、

外の世界は、猫にとって変化と刺激に満ち溢れた世界です。

太陽の光を浴びて、たくさん運動することもできます。


ですが、はたしてあなたの飼い猫は、人間の暮らしを一番に

優先された、猫にとっては危険がいっぱいの外の世界に

対応できるでしょうか。


また、「ここは他所のお家の庭だから」といって

猫が決して粗相をしないということを言い切れるでしょうか。

あなたの飼い猫は、ご近所さんとトラブルなしで

外の世界を楽しむことはできるのでしょうか。


そもそも、猫はそんなことおかまいなしですし、

飼い主がそれを教え込むことも残念ながら不可能です。

特に、マンション・アパートでは室内飼いがおすすめです


特に、マンション・アパートで猫を飼う場合は、

飼い猫を「出入り自由」にすることは難しいです。

1階より上の部屋では、ベランダから転落の危険、

また、玄関から外に出ても、マンション・アパートでは

どの部屋も似たようなつくりなので、自分の部屋がわからず

猫が迷子になってしまう可能性もあります。

1階の部屋なら、出入りだけで怪我をするようなこと

にはならないと思いますが、マンション・アパートで

猫が1歩外に出れば、その構造上すぐにお隣さんです。

猫は外の世界に興味津々です。あなたの飼い猫が

お隣さんのベランダでいたずらをしないとは言い切れません。

猫を危険から守るのは飼い主の責任です


猫にとっては、刺激や変化に溢れる外の世界。

一度でもそれを覚えてしまった猫は、何度でも

繰り返し外に出たがるようになってしまいます。

外に出たいと、強い欲求を持った猫にとっては

(完全)室内飼い自体が大きなストレスになります。


あなたの飼い猫がはじめから外の世界を知らなければ、

猫はストレスもなく室内で暮らしていくことができます。

もともと、猫は決められたなわばりで暮らすのは得意。

部屋の中だけがなわばりだと思い込ませればいいのです。

猫を出入り自由にするメリット・デメリットを考えると

(完全)室内飼いのほうのメリットは明らかです。


飼い猫を危険から守るのは、飼い主のあなたの責任です。

飼い猫を危険から守るためにも猫に外を覚えさせないようにしましょう。


スポンサードリンク





posted by hitotoneko3 at 13:29 | Comment(0) | 猫は室内飼いがおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ