2016年04月09日

猫と一緒に引越しする際の注意点

スポンサードリンク



引越し前の注意点


猫は環境の変化を嫌う動物です。特にマンション・アパートで

完全室内飼いの猫にとっては、その室内だけが唯一の世界であり

また、大事な「なわばり」でもあります。


ある日突然、引越し準備のため家具が動かされたり、配置が変わったり

荷物をまとめたダンボールが大量に室内に置かれたりすると、猫は

大きなストレスを感じて、体調を崩したり、問題行動を起こします。


ですので、一気に荷造りをせずに、毎日少しずつ荷物をまとめたりする

ことが大切になります。ただ、すべての荷物の梱包を業者に任せる場合

もあると思います。そういう場合は、たとえば作業中はバスルームに

避難させておいたり、また、引越し期間は思い切ってペットホテルに

飼い猫を預けてしまうという方法もあります。


バスルームに隔離する場合は、ドアがしっかりしまっているか確認。

猫トイレやフードと水、猫ベッドなどを一緒にバスルームに!

※引越し作業中はドアが開けっ放しになるので脱走要注意!!


スポンサードリンク




引越し中の注意点


新しい住居への移動をするときは、猫を業者に任せたりせず、飼い主さん

と一緒に移動するようにしてください。引越しの荷物と一緒にトラックに

乗せられて運ばれるのは猫にとって大きなストレスになってしまいます。

きちんとキャリーに入れて、自家用車があるなら一緒にその車で移動。

これはもちろん電車などの交通機関を利用する場合も同様です。


また、業者のトラックに乗って一緒に移動するという場合でも、

猫を荷物と一緒にしたりせず、キャリーに入れて飼い主さんの

手元に置き、一緒に移動するようにしてください。


新しい住居に到着しても、すべての荷物の運び入れが終わる

まで、猫は部屋に入れないほうが無難です。

移動のストレスに加えて、見慣れない部屋のストレスなどで

パニックを起こして、普段おとなしい猫でも、作業中の

開いたドアから逃走してしまう可能性があります。

引越し後の注意点


住む部屋が変わってしまったことで、その環境変化に混乱したり

とまどってしまう猫もいます。猫が新居で神経質になっていたら

そっと見守っていてあげましょう。暗い場所に隠れてなかなか

出てこなかったり、部屋中のニオイを恐る恐る嗅ぎまわったり

すると思いますが、猫の気が済むまで好きにさせてあげましょう。


また、引越しの機会に、インテリアや家具を買い換えたりする人も

多いと思いますが、すべてを新しくするのではなく、以前の部屋で

使っていた家具やマットなどを、新しい部屋でも使ってください。

それは、自分のニオイのついたものがあると猫は安心できるからです。


そして、大切なポイントは、「猫のトイレを新しくしない」です。

できれば、トイレだけでなく、前の住居で使っていた猫ベッドや猫の

お気に入りのマットなどがあれば新居でも使うようにしてください。

どうしても引越しと共に猫用品も買い換えたいという場合は、

引っ越してから数週間経ってから徐々に買い換えるようにしましょう。


「猫は家につく」という言葉がありますが、それは言い換えると

「猫は環境の変化を嫌う」という意味です。

新しい住居でも、部屋の中に前と同じ家具やお気に入りの物が

あれば、「この部屋も安心できる場所」と判断してくれます。

そして、新しい部屋でも前と同じように飼い主さんの愛情も

受けられるとわかれば、猫は新居でも安心に暮らしていけます。


スポンサードリンク





posted by hitotoneko3 at 23:00 | Comment(0) | 猫と引越しする際の注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ