2017年05月08日

かわいいだけではない!猫の肉球

スポンサードリンク



猫の味覚は人間と同じなの?


プニプニにて柔らかくとても愛らしい猫の肉球。

この肉球の魅力にメロメロという人もきっと多いことでしょう。

ただ、この猫の肉球はかわいいだけではありません。


スポンサードリンク



肉球の機能:防音効果


猫は本来、食料として獲物を狩るハンターです。

猫が獲物を狩るためには、ターゲットに気づかれないように

できるだけ近づかなくてはなりません。

猫が知らない間に足元にいて、踏みそうになり焦ったという

経験をお持ちの飼い主さんも多いのではないでしょうか。

猫の肉球は、足音を消すクッションのような役割をしているのです。

また、肉球のクッションの役割は足音をけす防音効果のほかにも、

高い場所から飛び降りたときにも役に立ちます。

肉球の機能:猫が唯一汗をかくところ


人間は、暑かったり、緊張したりすると手に汗をかきますが、

猫も人間と同じように緊張したりすると肉球に汗をかきます。

人間とは違い、猫の汗腺は肉球にしかありません。つまり、

猫が唯一汗をかくところが肉球ということになります。

飼い猫が水があるようなところ歩いたわけではないのに、

猫の肉球がしっとりとしていると感じるときがあるのは

このためです。

肉球の機能:ニオイを残すスタンプ


猫の肉球から出る汗のニオイはスタンプの役割も持っています。

飼い主が立っているときなどに、猫が手(前足)でタッチすることが

あるのはこのため。「ここはあたしのなわばりニャ!」とか、

「この人(飼い主)はあたしのものニャ!」というところでしょうか。

猫の肉球の構造


猫の肉球には毛が生えておらず、表面の皮膚の厚さはおよそ1ミリ。

表面に毛が生えている部分の皮膚の厚さは0.01〜0.02ミリなので、

肉球の部分の皮膚がかなり厚いということになります。

また、肉球にも名前があり、前足では

「指球(上部4つ)」「掌球(中央)」「手根球(離れた下方)」

後ろ足では

「趾球(上部4つ)」「足底球(中央)」があります。

cat-1353872_640.jpg

かわいいだけではない!猫の肉球:まとめ


猫の肉球はただプニプニしてかわいいというだけでなく

・防音効果

・クッション(衝撃吸収)効果

・スタンプ(なわばりを示す・ニオイを残す)効果

があるということを、特に飼い主さんなら覚えておきましょう。



スポンサードリンク





posted by hitotoneko3 at 14:14 | Comment(0) | 猫雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ