2017年09月04日

猫がのどをゴロゴロ鳴らすのはなぜ?

スポンサーリンク



猫がのどを鳴らす「ゴロゴロ」


猫のがのどをならす「ゴロゴロ」には、大きな音から

耳を澄まさないと聞こえないぐらい小さな音まで、じつに様々。

また「ゴロゴロ」は猫の種類によっても音の大小の違いがある

といわれています。今回はこの猫の「ゴロゴロ」の不思議に

ついての猫雑学を書いてみます。


スポンサーリンク



猫がのどをゴロゴロ鳴らすのはどんなとき?


猫がのどをゴロゴロ鳴らすのは・・・

・満足しているとき

・赤ちゃん(子猫)がオッパイを飲んでいるとき

・何かを要求する(している)とき

・体調(具合)が悪いとき

猫がこのような状況(気分)のときが多いようです。

子猫が母猫に満足を伝えるために


もともと、猫がのどを鳴らすゴロゴロという音は、

赤ちゃん(子猫)が、オッパイを飲んで満足したなど、

満足感や安心感を母猫に伝えるための手段(方法)で

あったといわれています。母猫は子猫のゴロゴロを

聞くことにより「この子は元気。大丈夫。」と安心

します。

また、このゴロゴロは、オッパイを飲んでいて口が

ふさがっているときでも、満腹感で眠たいときにでも

のどを鳴らせば出せる音なので、とても便利なのです。

成猫(大人)になっても様々な意味を持つ「ゴロゴロ」


もともとは子猫の「元気だよ!」のサインだったゴロゴロ

ですが、成猫(大人)になってからは、さらに様々な意味を

持つことになってきます。たとえば、撫でてあげたりした

ときのゴロゴロは「気持ちいい」「心地いい」などの子猫同様、

満足感を示すゴロゴロですが、それ以外にも、「遊んで!」

「ごはんちょうだい!」などの「おねだり」のときにも

のどをゴロゴロ鳴らしたりすることもあります。

cat-2480777_640.jpg

具合の悪いときもあるので注意が必要!


多くの場合猫は、満足感や要求があるときにゴロゴロと

のどを鳴らしますが、体調がすぐれない、具合が悪いとき

にもゴロゴロとのどを鳴らすことがあるので注意が必要!

具合が悪いときにゴロゴロとのどを鳴らすことについては、

はっきりとした理由はわかっていませんが、一説には

このゴロゴロ音の振動が骨折やケガの治癒に効果がある

という説があります。

猫が満足げにのどを鳴らすゴロゴロは、私たちを癒して

くれますが、飼い主としては必ずしもこのゴロゴロが

猫の満足をあらわすだけでなく、具合が悪い場合もあると

いうことを覚えおきましょう。



スポンサーリンク





posted by hitotoneko3 at 13:00 | Comment(0) | 猫雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ