2017年07月19日

猫の歩き方ってちょっと変わってる?!

スポンサーリンク



猫の歩き方って変わってる?!


みなさんご存知のように、猫は4本の足を使って歩く生き物ですが

「猫の歩き方ってちょっと変?!」とか「なんか不思議・・・」と

思ったことはありませんか?


スポンサーリンク



猫は前足と後ろ足をほぼ同時に出して歩く


ゆっくり歩いているときの猫をよく観察してみてください。

ゆっくりと歩くときの猫は、

「左後ろ足とほぼ同時に左前足」

「右後ろ足とほぼ同時に右前足」

という順番の足運びをします。

つまり、左右同じ側の前足と後ろ足を一緒に動かしているのです。

猫と同じくペットの代表格である犬はこんな歩き方はしません。

犬をはじめ、多くの4本の足を使って歩く生き物は、

左前足と右後ろ足、右前足と左後ろ足を一緒に出して歩きます。

4本の足で、猫のような歩き方(足運び)をする生き物は、

駱駝(ラクダ)と麒麟(キリン)ぐらいのようです。

見るものを魅了する華麗な「キャットウォーク」


ほかの4本の足を使い歩く生き物とは、足の運び方がちょっと

変わっている猫ですが、猫の歩く様子としては、いわゆる

キャットウォークのほうが有名かもしれません。

かかとをつけずに、つま先立ちで歩く華麗なキャットウォークは、

見た目の美しさだけでなく、猫のバランス感覚や瞬発力を発揮!

スーパーモデルのように、歩くときに頭の位置が一定に保たれて

変わらないのも猫の歩き方の特徴といえるでしょう。

cat-2219433_640.jpg

ただし、走るときは足運びが違います


猫はゆっくりと歩くときには、前述のような足運びをしますが、

ダッシュや急ぎ足、そして、走るときには足運びが違ってきます。

さすが、猫は元々はハンター。いざ走るとなれば、瞬間的に時速

50kmぐらいのスピードが出るといわれています。



スポンサーリンク





タグ: 猫雑学
posted by hitotoneko3 at 13:29 | Comment(0) | 猫雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ