2018年04月13日

猫は1匹飼いと複数飼いどちらがいい?

猫は1匹飼いと複数飼いどちらがいい?


いつでも誰かが必ず家に居るという家庭ならば、

猫が1匹でも退屈しないだろうと考えますが、

一人暮らしで猫を1匹飼っているという方は、

仕事などでの留守中に猫が退屈していないか、

「寂しい思いをしているのでは?」などと

考えてしまうこともあると思います。

そんな時、「複数飼いのほうがいいのかな?」とか

「やっぱり1匹で気ままなほうがいいのかな?」と

迷ってしまう飼い主さんもいるのでは?!さて、

猫は1匹飼いと複数飼いどちらがいいのでしょうか。


スポンサーリンク



基本的には単独(1匹)で飼うほうが無難


すでに猫と暮らしている飼い主さんならば、一度は

「もう1匹猫を飼いたい!」と考えるものです。

ですが、猫は基本的に単独行動を好む生き物なので、

自分のなわばり(テリトリー)に他の猫がいることは

決して好ましい状況とはいえないようです。

猫の性格も様々。ケースバイケース


人間にも様々な性格があるように、猫の性格も様々。

基本的に単独行動を送る猫でも、他の猫をあまり

気にしない猫もいますし、限られたスペースの部屋で

どうしても他の猫との共存は無理という猫もいます。

後者の性格の猫の場合、複数飼いは大きなストレスに

なってしまいます。

black-2298380_640.jpg

それでも複数飼いを・・・という場合


一人暮らしでお仕事で部屋を留守にする時間が長いと

どうしても「猫が1匹では寂しい思いをしてしまう」と

考える飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

実際問題、複数の猫同士で上手く暮らしているケースも

あるわけで、必ずしも無理というわけではありません。

先住猫と新しく迎えた猫同士が上手く付き合えれば、

飼い主さんの不在中も複数ならば退屈しないでしょうし、

飼い主さんの気持ちも楽になるのではないかと思います。

新たに猫を迎える、複数飼いのワンポイント


現在飼っている猫が「子猫」の場合、新たに迎える猫も

「子猫」だと比較的上手くいくケースが多いです。

子猫同士の場合は、性別も関係なくお互いに

いい遊び相手になる可能性が高いようです。

「成猫」と「成猫」の場合は、ケースバイケース。

ただ、オス同士の組み合わせはなわばり争いになることも

あるので、少し注意が必要です。

注意しなければならないのは、飼っている猫が「高齢」で

新たに「子猫」を迎えるという場合。

高齢の猫にとっては、元気に暴れ回る子猫の存在が

ストレスの原因になってしまう可能性大です。

複数飼いをするなら子猫のうちがベスト


すでに猫を1匹飼っていて、飼い主さんとの関係も良好

ならば、お仕事などの関係で多少お留守番させる時間が

長くても、毎日一定時間コミュニケーションがとれて

いるなら、そのまま1匹飼いの状態を継続したほうが

無難かもしれません。

猫が1匹で寂しい思いをしている・・・というのは

飼い主側の考え(気持ち)であって、単独行動が基本の

猫にとってはあまり意味のない考えかもしれません。

もしも、複数飼いをするなら、飼っている猫が子猫のうちに

子猫を迎えるのがベストです。

現在飼っている猫が高齢である場合は、環境の変化が大きな

ストレスになりがちなので、子猫や遊び盛りの若い猫を

新しく迎えることだけは避けたほうがいいでしょう。


スポンサーリンク





posted by hitotoneko3 at 15:00 | Comment(0) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ